デュアルスクリーンとナイトビジョンカメラを搭載した中華スマホ「DoogeeS98」が発売予定

どうも、こんにちは、こんばんは、最近中華性Androidスマホも普通にコスパいいのでは?と思ってるちむ(Twitterアイコン@timuuuuuu009)です。

注意

この記事はDoogee様より依頼を受けて執筆しております。

3月末に中国の深セン市に拠点を置くDoogeeからデュアルスクリーンとナイトビジョンカメラを搭載した最新モデルDoogeeS98が販売されるようです。

日本の中華スマホといえばOPPOやXiaomi、HUAWEIなどが有名でDoogeeというメーカーは馴染みがないですが、世界160ヶ国でタフネススマホやイヤホン・ゲームパッドを販売しているしっかりとしたメーカーです。

新しく登場するDoogeeS98の新たな特徴は、他のAndroidスマホでは見ないデュアルスクリーンデザインの採用です。メインディスプレイに加えて、背面にスマートラウンドリアディスプレイを搭載しています。

背面ディスプレイの背景は、好きな写真を使ってカスタマイズすることができます。時刻の確認、音楽の再生、バッテリー残量の確認など、さまざまな用途に活用できます。

背面には、背面ディスプレイと3つのカメラが配置されています。64MPセンサーがメインカメラで、20MPナイトビジョンカメラと8MPワイドアングルカメラがついています。ナイトビジョンは、真っ暗闇の中で写真やビデオを撮ることができるスパイ映画などでよく見るアレです。これにより、夜間に撮影しても写真の被写体を、ハッキリと写すことができます。

ざっくり解説 ○○MPセンサーのMPとは?

MP(メガピクセル)は1MP=100万画素で1MPなら100画素・5MP=500万画素という感じ

新しいS98は、MediaTekのHelio G96 SoCを搭載。
このオクタコアプロセッサは、標準で8GB RAMと256GBストレージと組み合わされています。ストレージはマイクロSDカードを使用して拡張することができます。MediaTek G96はゲームプレイに特化したプロセッサなので、最新の高スペックを要求するソシャゲでも高速なパフォーマンスを期待できます。

本体に6000mAhのバッテリーを搭載しており、急速充電に対応で33Wの急速充電器が付属しています、さらにDoogee S98は、15Wのワイヤレス充電器にも対応しています。

Doogeeはタフネススマホも取り扱っていることもあり、Doogee S98はIP68|IP69Kの規格に準拠しています。また、MIL-STD-810Gの認証を取得しており、極端な天候の中でも問題なく動作するはずです。

ざっくり解説 MIL規格(MIL-STD-810G)とは?

アメリカ国防総省が過酷な環境でも問題なく利用できるように定められている品質基準で様々なシーンを想定した過酷なテストをクリアすることで高い堅牢性と耐久性を実証されています。

その他の機能としては、NFC、デュアルバンドWi-Fi、Bluetooth 5.1、サイドマウントフィンガー プリントセンサーなどがあります。

DoogeeS98の正確な発売日は発表されていませんが、公式からのニュースだと大体3月末に購入ができそうです。それまでは、公式サイトからDoogee S98に関連する最新情報が公開されていくそうです。