MAONO AU-PM461TSレビュー!低価格ながらコスパのいいマイクが欲しい人にオススメ

オススメ評価
推せない
推せる

※この記事は2021/12/04に更新されました。
※この商品は更新時点でAmazonクーポン500円OFF対象です。

どうも、こんにちは、こんばんは、初めてのマイクはブランドよりコスパ重視のちむ (Twitterアイコン@timuuuuuu009) です。

今や低価格マイクは、アマゾンを見るとたくさんありますが、たくさんありすぎて選ぶのが大変になってきています。

その中で、最初に初心者がマイクを買う上で気をつけたいのは、ブランドで選びすぎないこと

もちろん、値段が高いものは音質や音をキレイに拾いますが、最初に性能の良いものを買ったとしても、他のマイクとの比較材料が少ないので音質がいいというのが実感しにくいのでブランドで選ぶのは、オススメできないです。


なので、最初は周辺機器のセット内容で選ぶのがオススメです。

私も実際に買う時、セット内容で選んだのですが機能面で困ったことはないです。

そんな中我々、調査隊がAmazonの奥地で見つけた「MAONO AU-PM461TS」は4000円台でポップガードとスタンド付なので、オススメできるマイクです。

単一指向性で正面からの音をよく拾うので、ゲーム配信やZOOMなどのオンラインミーティングでの使用であれば性能で困ることなく使えます。

4000円台の低価格マイクでポップガードとスタンド付きなのが、「MAONO AU-PM461TS」最大の特徴です。
音質より、声をしっかり拾うコスパのいいマイクが欲しい人にオススメのマイクです。

そこでこの記事では「MAONO AU-PM461TSをレビュー!ポップガードと三脚付きで4000円で一式揃うUSBコンデンサーマイク」について書いていきます。

メリット
デメリット
  • 4000円台のお手頃価格
  • マイクゲインボタンでミュート変更
  • ポップガード・スタンド付き
  • 正面の音をしっかり拾う
  • 安定感のあるスタンド
  • ミュートボタンがない
  • 音質重視なら少し物足りない
  • スタンドを持つとすぐに閉じる

「MAONO AU-PM461TS」の内容

MAONO AU-PM461TS」のセット内容はこんな感じです。

セット内容
  • USBコンデンサーマイク本体
  • 三脚スタンド
  • ポップガード
  • ショックマウント
  • 約1.5M USB2.0 A-Bケーブル
  • 日本語取扱説明書

MAONO AU-PM461TS」をZOOMとゲーム配信で使ってみましたが、USBを差し込んだらすぐにマイクとして使えるようになりました。

「MAONO AU-PM461TS」を使って録音した音声を、後から声を聞いてみてもしっかりと正面の音を拾っていて環境音の少ない音声だったので、ZOOMやゲーム実況などで使う分には、特にスペック不足を感じることはなかったです。

ミーティング時に手元でミュートにできるマイクゲインボタン

本体にはマイクゲインボタンがついているので、手元で音量の調整ができるのが便利です。

少しツマミが小さめではありますが、何か飲むときや咳をした時にパソコンを操作しなくてもミュートにできます。個別にミュートボタンがあれば、さらに便利でしたね。

休憩の時なんかもすぐにミュートにできるので便利ですよ。

安定感のあるスタンド&振動をマイクに伝えないショックマウント

三脚スタンドは、広げるとゴム足がついているので、安定感がありますが、持ち上げた時に少しでも、衝撃があるとバネですぐに足を閉じてしまうのが少し面倒ですね。

ですが、持ち上げずにズリズリ横移動させるか、スタンドの足を支えるように持てば広げたまま運べます。

スタンドを下からすくいあげる感じで持つように持てば移動しやすいですよ!

マイク持ち方ジフ

マイクはショックマウントからゴム紐で吊るされている感じになっているのですが、そのおかげでマイクを横にズルズル引きずって移動しても振動やノイズが直に伝わらないように工夫されています。

目次にもどる

ショックマウント

息やポップノイズを防げるポップガード

金属製のポップガードが付属しており、正面につけることで息やマイクを息で吹いてしまうことで生じるポップノイズを防げるので、ゲーム配信などでは必須レベル・ZOOM使用目的でも、相手にしっかり声が届くようになるので、買う方が多いです。

ポップガード

「MAONO AU-PM461TS」はこんな人にオススメ

「MAONO AU-PM461TS」は「マイクの音質にこだわりはないけど、できれば低価格でマイク周辺機器などを揃えたい人」にオススメです。

他にも、予算がある人は、7000円台のマイクなら、Amazonランキング1位の「HyperX QuadCast」やアーム式でデスク周りをすっきりさせたい方は、多くのYouTuberが使用している、「MAONO AU-PM421」がオススメです。

下のロードマップを参考に選んでみてください。

配信やZOOMなどで、使うならミュートボタン付きの「HyperX QuadCast」がオススメです。

「MAONO AU-PM461TS」 まとめ

この記事では【「MAONO AU-PM461TS」をレビュー!ポップガードと三脚付きで4000円で一式揃うUSBコンデンサーマイク】について書きました。

私も使っているMAONO AU-PM461TS」はマイク初心者にとって 周辺機器が一気に揃う満足感の高いマイクなので、最初に買うならすごいオススメです。

さらに今なら、アマゾンで500円オフのクーポンが使えるのでさらにお得に買えますよ。

買うなら今がオトクに買えるチャンス!

それでは、どうも、ちむ(Twitterアイコン@timuuuuuu009)でした。

目次に戻る