N高生徒から見た,オンライン通学コースの12個の知っておきたい評判 メリット・デメリット

記事内トップサムネ
閲覧ありがとうございます。この記事を書いた、チムです。この記事では実際にN高等学校オンライン通学コース(以後:オン通)に通学している。私の体験談を元にメリット・デメリットを書いてますので進学やコースの変更を考えている。生徒・保護者様に一つの意見として参考になれば嬉しいです。
まずはオン通のメリット・デメリットから話し、次にそれぞれ解説していきましょう。

・オン通のメリット

・通学に対するハードルがすごく低くなる。
・週に1~3回授業に参加すればいい。
・平日に自分のために使える時間が多い。

・通勤時間がない。
・勉強などが自分に適したペースで行える。
・いろんな出身の人と関われる。
・自主性が身につく

メリット1:通学に対するハードルが低くなる

オン通では授業をZOOMでするのですが、私の場合朝起きて雨だったりすると「今日休みたいなぁと思ってしまいがちですが、オン通だとその心配がないので通学しやすいですね。私も中学の時に不登校気味で登校が憂鬱だったのでこのメリットは大きく感じています


メリット2:週に1・3回授業に参加すればいい

オン通には登校するのが週3コースと週1コースがあります。私は週3コースだったので、週3の例で話すと 学校➡休み➡学校➡休み➡学校➡土日 登校が負担に感じる人だと次の日休めるのでメリットですね。あと、人によっては休みの前日にバイトを入れて、次の日を休みにする人もいます。なので、高校でアルバイトを考えているのであれば、休息がとりやすいですね。
 

メリット3平日に自分のために使える時間が多い。

平日は休みが多いので、自分のやりたいことや特定の科目の勉強に集中することができます。
私はプログラミングをすることが多かったですが、私の友人だとイラストを描いたり・動画編集をしている人もいますね。オン通を楽しむコツとしては平日何するかを見つけて、取り組むことですね。


メリット4
通勤時間がない。

私は元キャンパス通学していたのですが、この理由でオン通に変えたといっても過言ではないです。このメリットはキャンパスが遠方であるほど、大きいと思うのですが、キャンパスはビル群のなかにあることが多いので、結構、電車に乗ると人混みがつらく感じるかもしれません。また、交通費が浮くというメリットもありますね。

 

メリット5勉強などが自分に適したペースで行える。

ここはオン通限定というより、N高のメリットになるのですが、一般的な高校では授業についていけなかっても授業はズンズン進んでいきますが、N高では動画を使って授業を受けるため、わからない部分は何度でも見直すことができるので、授業に置いて行かれるということは少ないと感じています。中学復習講座というのもあるので中学レベルから学び直したい人はそこからでも始めれます。


メリット6
発言・意見がしやすい

オン通では英語の授業やグループワークの際に意見出しをする場面が多いのですが、オンラインでは教室で発言するよりの全然発言しやすいです。理由としてはTAと呼ばれる先生の補佐的な役割の方がいるのですが、TAさんが会話を振ってくれることもありますし、zoomで授業を行う時に、多くの人がzoom背景を使っているので、それが会話の発端になることも多いですね。


メリット7:
いろんな出身の人と関われる。

オン通には1つのクラスに沖縄の人から北海道の人までいろんな出身の人がいるので、地元の話というのが以上に盛り上がりますね。ソウルフードの違いだったり、住んでる環境の違いだったりと自分にとって普通の話が興味を持たれたりするのでこれも発言のしやすさに繋がっていますね。


メリット8:自主性が身につく

このメリットについては、レポートの提出やスクーリングの確認などと「自分で判断して行動」する機会が増えるので、自ずと身についてくると思います。またグループワークをする機会が多いので、コミュニケーション能力も上がっていきます。また、平日の休みが多いので、その時間で何をするかでN高でのスクールライフの満足度は変わってくるので、N高に入学を考えているのであれば入って何しようかなというのを考えておくといいと思いますよ。


・オン通のデメリット

オン通のデメリットについてはメリットと表裏一体な部分があり、上手く使えばメリット・逆ならデメリットという面があることを踏まえてご覧ください

・友達を作る・勉強をする時に自主性がいる。
・家にいる時間や自由な時間が多くなるので家族のサポートも大事になってくる。
・授業をZOOMで行うので、集中力がいる。
・卒業は簡単ではない

デメリット1:勉強をする・友達を作る時に自主性がいる。

自身で学習計画を立て、それに沿って日々の勉強やレポートをこなしていくことになるため、自分で決めて自分でやりとげる力が大切なのです。できなかったときはそれをリカバリーすることも求められます。それと友達作りに関しては友達はできにくいかなと思います。というのもオンラインということもあり、気軽に休み時間に雑談することは少なく、接点が作りにくいかなと思います。ですが、slackなどを活用して、友達を作ることは全然できます。

デメリット2:家にいる時間が長いので家族のサポートも大事になってくる。

このデメリットはオン通だと顕著になってきます。家で授業をうけ、その後の時間は自由です。趣味に溺れた場合、勉強との時間の割合が極端になる可能性は十分にあります。逆に特にやりたいことがないからと言ってずっとYoutubeを見て過ごしていては時間の浪費になるかもしれません。そういう時に家族から何か提案をしてあげるといいと思います。例えば、N高のツールでAdobeがあるのでそれを使って「動画編集をしてみたらどう?」などと提案してあげることも必要かなと思います。(授業の感じを聞いてあげるだけでも十分にいいと思いますよ。)

デメリット3:授業をZOOMで行うので、集中力がいる。

授業は自分の部屋かリビングで受けることが多いのですが、自分の部屋だと隣にスマホがあったり、漫画に気を取られたりと気が散りやすいです。リビングだと家の生活音であったり、家族が前を通りかかるとどうしても気になってしまいます。なのでスマホを部屋に置かないなどの集中を長持ちさせる工夫は必要です。

デメリット4:卒業は簡単ではない

卒業にはレポートの提出とスクーリングが必要なのですが、レポートは計画的に自分で進める必要がありますし、スクーリングは会場に出向く必要があります。会場が近ければいいのですが、遠い場合往復で時間がかかるのと複数日あるので毎日電車で行くか、近くのホテル泊まるのかなどを決め、それの予約なども自分で行う必要があります。学校からは指示がないため、自分で動く自主性を求められ、指示待ちになってしまうと卒業が遠のく可能性があります

まとめ

最後にメリット・デメリットをまとめるとこんな感じです。

メリット
・通学に対するハードルがすごく低くなる。
・週に1~3回授業に参加すればいい。
・平日に自分のために使える時間が多い。

・通勤時間がない。
・勉強などが自分に適したペースで行える。
・いろんな出身の人と関われる。
・自主性が身につく
デメリット
・友達を作る・勉強をする時に自主性がいる。
・家にいる時間や自由な時間が多くなるので家族のサポートも大事になってくる。
・授業をZOOMで行うので、集中力がいる。
・卒業は簡単ではない
これから進学・コース変更する方の判断の助けになれば幸いです。しっかりとメリット・デメリットを比較したうえで選択してくださいね。ではありがとうございました(/・ω・)/良いスクールライフを